IllustratorとPhotoshop

公開日: 

IllustratorとPhotoshopの使い分け

IllustratorとPhotoshopといえば、数々のソフトウェアを作っているAdobe社製品のツートップといって過言ではありません。

どちらも絵に関わるソフトウェアということもあって、このIllustratorとPhotoshop、いったい何が違うのか?と聞かれることがしばしばあります。

両者の違いをしっかり理解し、IllustratorとPhotoshopを適切に使い分けられるようになりましょう。

Photoshop

そもそもPhotoshopとは

“Photoshop”を直訳すると「写真屋さん」の意味になる通り、そもそもPhotoshopは「写真を修整・加工するためのソフトウェア」です。

主たる機能は、取り込んだ写真(画像)に対して

明るさ・コントラスト・色合いを調整する
必要な部分だけを切りだす(トリミング)・切り抜いて合成する
その他フィルタ加工などの特殊処理を施す

です

Photoshopはこの用途に特化したプロフェッショナル向けツールとして進化を続け、いわゆる「プロフェッショナル向けお絵かきツール」のスタンダードとしても使われるようになりました。

Photoshopのみを使って作品を制作しているプロの漫画家も多数います。

Illustrator

そもそもIllustratorとは

“Illustrator”を直訳すると「イラストレータ・イラスト作家」の意味になります。画家の直訳である”Artist”や”Painter”と違い、”Illustrator”というと、「デザイン」のニュアンスを含みます。

主たる機能は、

比較的単純な線で作られた部品を組み合わせ、イラストを作成する
個別に作り込んだ部品(画像や文字)を貼り込んでデザインする

です。

おわりに

IllustratorとPhotoshopは、どちらが良い・悪いというわけではなく、それぞれの個性を保ちながら発展してきました。

最近は互いの機能を取り入れたりもしていますが、やはり適材適所で使い分けるようにしたいですね

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • profile_img

    著者 / 田端厚賢

    これからインターネットでビジネスを始めようと考えている方、今のビジネスをインターネットを使ってうまくやっていきたい方向けにコンテンツを提供、サポートを行ってきます。

    詳しいプロフィール

    ■著書

    SNSの書籍を執筆させていただきました。
    これを読めばあなたもmixiやfacebookのようなSNSサイトを作ることができます!

PAGE TOP ↑