2. 事業ドメインを決める

公開日:  最終更新日:2014/06/21

「事業ドメイン」を決めると言うのは、

私はラーメン屋なら、ラーメン屋を始めます。パン屋ならパン屋をする(したい)ということを決めることです。

しかし、いきなり今まで会社員だった人が、今日からラーメン屋やりますとか言っても無理ですよね。

それでも、とりあえず事業ドメインを決めるだけ決めておいたほうがいいです。

ドメインを決めるというのは、どの領域で自分は勝負をするという、境界範囲を設定することでもあります。

インターネットの場合、

ドメインを決めると言うのは、サイトのURLを決めるということとイコールです。

自分たちがどういう事業領域で進んでいくかということをを決めるということでもあります。

自分がやりたいと思うことが決まっていれば簡単ですが、

実は、自分たちが「やる」ことを決めると言うことは、簡単なようでけっこう難しい作業でもあります。

また、ドメインは早いもの勝ちなので、自分がほしいと思える短くてわかりやすいドメインほど先に取られています。

ビジョンと戦略の関係性

「ビジョン」と「戦略」に関するお話です。

「ビジョン」が自分たちがどこに至りたいのか、どうありたいのかというゴールの大きな方向感を指し示す羅針盤だとすると、

「戦略」は、そのゴールに向かってどのように到達するかという具体的な道順です。

ゴールに向かって、もっとも早く、もっと確実に、もっと効率的に到達する術を決めるのが「戦略」です。

ビジョンが
組織内で皆が共有する、限りなく普遍的な到達点であるのに対して、

戦略は
ユーザや市場などの外部環境や自分たちのケーパビリティ(能力)の獲得に合わせて常に変化するものです。

 同じ「世界一」とういビジョンを掲げるにしても、市場の魅力度、競争の激しさ、自分達がどれくらい向いているかを考えて、何をやるかを決める必要があります。何をやるかによって、ビジョンを達成したときのリターンも、達成の確率もまるっきり変わってきます。さらに、その後のどのようにその競技で世界一になるかという戦略の詳細も競技によって変わってきます。

 そう言った意味では、ドメインの設定は戦略策定のミソ中のミソなのです。ドメインの設定そのものが戦略の巧拙の大半を占めているような気さえします。では、その肝心のドメインはどのように設定したらよいのでしょうか。
ズバリ
 1. 市場性
 2. 競争環境
 3. 自社適合性

の3点を考慮する必要があります。

ソーシャルメディアを活用したビジネスサイト作り

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • profile_img

    著者 / 田端厚賢

    これからインターネットでビジネスを始めようと考えている方、今のビジネスをインターネットを使ってうまくやっていきたい方向けにコンテンツを提供、サポートを行ってきます。

    詳しいプロフィール

    ■著書

    SNSの書籍を執筆させていただきました。
    これを読めばあなたもmixiやfacebookのようなSNSサイトを作ることができます!

PAGE TOP ↑